ピッチリとしたスーツ

「斉川インストラクター、さようなら~」
「さよなら。気を付けてね。……ん?それは」
教え子らが下校講じるところ、我々は見覚えの居残る背中を目にした。
「久我氏っ。今日もコース出て無かったよね。どうしたの?」
「別途そんな訳じゃない。いつものことだろ」
素っ気ない仕方で目をあわせようとも止める久我様。苦笑いする我々。でもつい彼氏の腹心にキズがある事を目にして、
「あれ?こぶし、故障してるよ。血液が出てる。間もなく保健室に……」
彼氏のこぶしを引こうとしたらパンとはたかれ、
「このくらい大丈夫だから」
そんなふうにいって我々にもっと背中を対し、乗り物は屋に動き出す。
「はぁ……」
もちろん久我様に嫌われているんだろうか。でも何ともので、我々は独力家に帰る案件に……。
そんな時、両親に持ちかけられたのが、
「え?お見合い?」
両親のポリシーも在るし、退ける趣旨にもいかず、我々はお見合い相手に逢う案件に。
――今日。
私の前に現れたのは、ピッチリとしたスーツを決めてきた眼鏡の美少年君。
爽やかで、語勢も朗らかで……でもどこかで話した案件の起こるような不思議な感。
「人々の事が好きになりました。こちらと結婚式を前提にお交流ください」
とまで言われ、その気になって行くが、実は彼氏は久我様だった!?
読物作品は奥様専用力作で、ヒロインは奥様教師。
両親の薦めでお見合いをする事になったヒロイン。そういう旦那の前に現れたのは、眼鏡が似合う知的な美少年君。でも彼氏に愛され、抱かれている内に気付いてしまう。
彼氏の本当の正体に。そんなふうに、彼氏は旦那が教えておるカテゴリーの問題児・久我様だったと言う。
いやー、素敵な話ですよね。内容冒頭に出てきた久我様という問題児?がどうして絡んで生じるのか楽しみにして読んでたんですが、本当にお見合い相手になって出て来るとは思いませんでした。
しかもヒロインの事が博士だとまっすぐに発表し、結婚式までやると言う。
彼氏の本当の目論見は?はなはだ旦那の事が好きなのか?何故仮装をしたのか?あのキズの目論見は?などなど、依然として問い合わせが尽きませんね。
そして図式も可愛らしい。奥様専用だからというのも有りますが、線が細く、男女ともに皆さん愛らしい。何か此処まで図式が綺麗だと読んでて興味深いですね。
にしても教え子と関係を持ってしまった旦那の将来は?
読物作品はフルカラーコミックで、持ち運びホームページで大人気の力作!正邪一度、試用を読んでみてください!後悔しない出来栄えだ!
仙台市の不倫調査