おなかにいっぱい、あやかしの種

「どんなつもりか知らねぇけど、やるよ精○。嬉しいか?いいよ。産ませてやるよ。オレの子ども」
私に迫る犬上君……もう周りが見えてない。誰も助けに来てはくれない……。
「女子高生のま○こ!女子高生のま○こ!」
ああ、巨大な肉の化け物……私みたいなJKが好みなんだ。
「さあ、あかる。服を脱いで。おいで」
麒麟のあやかし・リン。でも、彼女は美少女にも姿を変える事が出来て……。
「駄目だ。お前には俺の子を産んでもらう」
鬼の少年。彼も犬上くんの様に私を孕ませたいと言い始め……。
そう、これは私・樹津あかるが色んな化け物(通称”あやかし”)とエッチするお話し。
リン曰く、私にはサトリの目という、人には見えないものを見る力があるらしく
そのせいであやかしも見えてしまうらしい。
だからあやかしに襲われる日々を過ごしていた。
で、犬上君に襲われそうになったところをリンに助けてもらうのだけど、彼女にあやかしの精○集めを手伝って欲しいと言われてしまう。
どうやら彼等は絶滅寸前らしく、種の保存の為にも私の協力が必要なんだとか……でも、集める方法。それは、私が彼らにレ○プされることらしく……
横浜市 車買取